アレルギーをコントロールするなら!花粉症の薬「ザジテンAL鼻炎カプセル」について

ザジテンAL鼻炎カプセルロゴ
花粉じゃばらサプリ

アレグラに近い成分なのにアレグラより効果の強い。花粉症の薬「ザジテンAL鼻炎カプセル」のすべてを大公開

2014年に販売された、グラクソ・スミスクライン社の「ザジテンAL鼻炎カプセル」は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった鼻症状をターゲトとした、アレルギー、花粉症用のお薬です。

処方薬の「ザジテン」からスイッチしたOTC市販薬です。

【スイッチOTC】

処方薬として販売されていた薬が認可され、市販で売られることとなった薬のこと。
コンタック鼻炎ZやストナリニZなど、多くの花粉症の薬がスイッチOTCとして販売されています。

ザイザルと比較されがちな花粉症の薬「ジルテック」のまとめ

2017.09.27

市販の薬なのに1日1回で効く!花粉症の薬「コンタック鼻炎Z」について

2017.09.26

ザジテンAL鼻炎カプセルとは?

抗アレルギー薬「ケトチフェンフマル酸塩」を配合した、アレルギー専用の鼻炎薬です。

点眼薬や直接鼻にさす鼻炎薬などもあり、高い有効性が認められています。
今回は服用するタイプの、カプセル錠剤の紹介です。

成分

  • ケトチフェンフマル酸塩(アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの放出を元から抑える働きがある)

【以下添加物】

  • 無水ケイ酸
  • ステアリン酸マグネシウム
  • トウモロコシデンプン
  • D-マンニトール
  • ゼラチン
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 酸化チタン

特徴

ザジテンAL鼻炎カプセルの特徴は「アレルギー症状」「花粉症症状」を「コントロールできるという点です。

コントロール

通常、アレルギー症状を抑えるだけがメインなのですが、ザジテンAL鼻炎カプセルの場合「抑える」「鎮める」「悪化させない」といった特徴があります。

これは、第二世代の抗ヒスタミン薬である「ケトチフェンフマル酸塩」が、発症してしまった症状を抑え、鎮める上に、鎮静作用があるため、抗炎症作用でアレルギー症状・花粉症症状を今以上に悪化させないようにする作用があるからです。

また、第二世代の抗ヒスタミン薬ですので、眠くなりにくいとは言われていますが、アレグラFXよりかは強いため、幾分眠くなりやすいとも言われています。

花粉症の薬市販の定番「アレグラFX」について

2017.09.14

また、ザジテンAL鼻炎カプセルは第2類医薬品に分類されているため、薬剤師がいなくても購入できるのが利点。
(アレグラFXは第1類医薬品なため、薬剤師がいないと購入できません)

その分、安全性や有効性が確立されているとも言えますし、なによりその効果の割に便利なところが特徴とも言えるでしょう。

服用回数

1日2回、朝晩の服用。
カプセルですが、小型で飲みやすいので、喉の細い女性でも辛くなりにくいです。

朝晩

効果の範囲

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった、鼻症状の緩和に特化しています。

副作用

副作用は少ないと言われていますが、「眠気」「倦怠感」「集中力の低下」が見られることがしばしばあると言われています。
また、その度合いも強いことがあることから、服用後に運転や危険な作業、試験がある場合は飲むのを控えた方が良いでしょう。

眠い

【重い副作用】

重い副作用はほとんど起こらないと言われていますが、長期間服用の際は、定期的な肝機能検査をすることをおすすめします。

また、どの薬でも起こり得るアナフィラキシーショック等も、100%起こらないとは言えないため、息苦しさや吐き気、全身のかゆみ等を感じた際は直ちに服用をやめ、医療機関へ相談に行ってください。

子供には

ザジテンAL鼻炎カプセルは15歳以上からの服用とされています。

15歳未満のお子様の場合は、服用させず、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

NG

妊婦・授乳中には

妊娠、若しくは妊娠の可能性がある場合は、まず医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

また、動物実験で乳汁中への成分の移行が認められています。
授乳中はザジテンAL鼻炎カプセルを飲まないようにしましょう。

その他の注意点

市販のお薬は「使用できない人」がいます。
ザジテンAL鼻炎カプセルの場合、以下の人は服用を避けた方がよいとされています。

  • てんかん、または痙攣発作を起こしたことがある人
  • ケトチフェンフマル酸塩でアレルギ症状を起こしたことがある人

また、以下の薬を飲んでいる人はザジテンAL鼻炎カプセルを飲まないようにしましょう。

  • 他のアレルギーの薬
  • 風邪薬
  • 乗り物酔い止め薬
  • 催眠鎮静薬
  • 鎮咳去痰薬

さらに、ザジテンAL鼻炎カプセルを飲んでいる間は、飲酒は避けるようにしましょう。

価格

1箱10カプセル入り=1200円(税抜き)

1箱20カプセル入り=2000円(税抜き)

※各ドラッグストアのセールや割引によって価格は変わります※

入手方法

各ドラッグストアにて購入しましょう。

口コミ

  • 喉の乾きはありませんでしたが、超絶眠くなってしまいました。
  • 市販の花粉症の薬の中では、一番効果が高いと思いましたが、同時に一番眠くなりました。
  • 小粒で飲みやすかったのですが、10カプセルや20カプセルは少なすぎです。
    とは言っても試しで買うには丁度良いのですが……。
  • 睡眠薬代わりになる程凄く眠くなります。
    なので、夜ねる前だけにしています。
ザジテンAL鼻炎カプセルロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。