ザイザルと比較されがちな花粉症の薬「ジルテック」のまとめ

ジルテックロゴ
花粉じゃばらサプリ

効き目も副作用もやや強め、ザイザルと比較されがちな「ジルテック」について

1998年と比較的昔から販売されている、第二世代の抗ヒスタミン薬です。

後に販売される「ザイザル」と似たような成分、性質を持つアレルギーのお薬ですが、別物ですので、自分に合う方を選択するとよいでしょう。

ジルテックより眠くなりにくい花粉症の薬「ザイザル」について

2017.09.22

また、錠剤の他、ドライシロップもあるため、子供でもの飲みやすのが特徴です。

ザイザルとの比較

  • ジルテックの方が、眠気が出やすい。
  • ジルテックの方が効果の持続時間が短い。
  • ジルテックの方が安い。
選択肢

 ジルテックとは?

一般名・ジェネリック名「セチリジン塩酸塩

ジルテックは実は市販薬としても売られています。
「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」はジルテックとほぼ同じ成分で、薬の効き目や副作用もほとんど同じです。

市販の薬なのに1日1回で効く!花粉症の薬「コンタック鼻炎Z」について

2017.09.26

市販薬で効果的な花粉症の薬「ストナリニZ」について

2017.09.25

今回は処方薬のジルテックに注目して説明します。

広いアレルギー症状に作用する、第二世代の抗ヒスタミン薬。
アレルギーそのものの原因を治すわけではありませんが、ヒスタミンの受容体をブロックし、アレルギー性鼻炎・蕁麻疹といった花粉症症状や、アレルギー症状の緩和をします。

比較的即効性で、持続時間も長いのが特徴です。

特徴

アレロックほどではありませんが、効き目も副作用も強め。
ザイザルとほぼ同じ強さですが、眠くなりやすさはアレロックと同じくらいです。

表ジルテック

第二世代の中では強めの薬。花粉症の薬「アレロック」のまとめ

2017.09.29

ただし、1日1回で24時間効果が続くため、就寝前に服用することによって、日中の眠気や集中力の低下を防ぐことができます。

また、即効性があるため、くしゃみ鼻水といった花粉症症状が現れたあとや、アレルギーとなる食べ物を食べて、蕁麻疹が出てしまった場合でも、すぐに効果があるのがよい点です。

子供向けにドライシップも開発されています。

 

服用回数

1日1回、1錠。
基本的に眠くなりやすいため、就寝前の服用がよいとされています。

ただし、薬が切れるまで眠気が続く場合や、集中力が低下することもありますので、受験・車の運転・高所での作業など、日中に寝るわけにはいかない状況の場合は、一度休日に飲んでみるなど、念を入れた服用をおすすめします。

効果の範囲

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった鼻症状の他、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎などのアレルギーによる皮膚疾患にも適用されます。

副作用

アレロックよりかは頻度は低いのですが、眠気や倦怠感が表れることもあります。
寝る前に飲むことによって、そういった副作用を回避することができるのですが、翌朝にまで眠気などが残ってしまう人もいます。

眠気は6%の人に、倦怠感は1%の人に起こると言われています。

【重い副作用】

滅多に見られませんが、アナフィラキシーショックや血小板減少、口の渇きや頭痛、肝障害の副作用の可能性があります。

とくに、長期間に渡りジルテックを服用する場合は、定期的な血液検査で、肝機能の数値をまめに見ていくことをおすすめします。

子供には

ジルテックには10mg錠、5mg錠、ドライシロップがあります。
その内5mgとドライシロップは小児でも服用可能で、5mgの場合は7歳以上15歳未満、1日2回服用可能。
ドライシロップは7歳以上15歳未満は1回0.4mgを1日2回。
2歳以上7歳未満はドライシロップを1回0.2mg、1日2回まで飲むことができます。

ただし、体重・身長・年齢によって投与してよい量は異なりますので、必ず医師の指示に従うようにしてください。

シロップ

※写真はイメージです※

妊婦・授乳中には

妊娠中・授乳中ともに、できれば避けた方がよいのですが、ジルテックに関しては海外の基準で「比較的安心して服用できる」に分類されています。

Ok

また、病院で相談した場合に、妊婦に対しジルテックが一番多く処方されるとのデータもあります。
これは、世界で一番使用実績が多く、臨床データが多いからと言われていますが、100%の安全を保証するデータではありませんので、くれぐれも医師へ相談の上服用するようにしてください。

価格

コンタック鼻炎ZとストナニZは市販で買えるものですので、今回は省きます。

  • ジルテック錠10mg:1錠2円:ワンシーズン(2ヶ月)2,379円
  • ジルテック錠5mg:1錠4円:ワンシーズン(2ヶ月)2,059円

ジェネリックの場合:1錠22.1~52.3円となっています。

ジルテック錠10mg:(1錠)92.2円×(1日1錠)1×(2ヶ月)60日+2400(2回分の診察代)=6,732円の3割負担は「2,178円」
ジルテック錠5mg:(1錠)74.4円×(1日1錠)1×(2ヶ月)60日+2400(2回分の診察代)=6,864円の3割負担は「2,574円」

シロップに関しては分量不明なため省きます。

入手方法

ジルテックと同じ成分・作用を持つコンタック鼻炎ZとストナニZはドラッグストアで購入可能です。
ジルテックは10mg・5mg・ドライシロップ共に、処方薬ですので、医療機関へ相談の上もらうようにしましょう。

筆者の服用体験談

ジルテックは今ももらうお薬です。
なんとなくですが、耳鼻咽喉科で多くもらう気がします。

とくに眠くなることもなく、即効性があるため、蕁麻疹や花粉症症状が出てしまった際に飲むとすぐに効果があり重宝しています。

(あくまで個人の感想です)

 

 

ジルテックロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。