花粉症の薬市販の定番「アレグラFX」について

アレグラFXロゴ
花粉じゃばらサプリ

花粉症の市販薬といえば……「アレグラFX」の成分から全てをお知らせ!!

一昔前までは花粉症の薬は処方薬しかなく、病院で診察を受けないともらえない物でしたが、今ではドラックストアなどで気軽に買うことができます。

病院かドラッグストア

そんな中でも「アレグラFX」は有名で、花粉症シーズンになるとテレビCMでもよく見かけます。
ただ、手軽に手に入るから、広く使われているからといって安易に服用するのは危険です。

今回は市販で買える花粉症の薬「アレグラFX」について詳しく説明します。

アレグラFXとアレグラの違い

処方薬の「アレグラ」は病院でしかもらうことができませんが、そのアレグラと「アレグラFX」の違いはこういったことにあります。

  • アレグラは医療用処方薬で病院でしかもらえませんが、アレグラFXはドラッグストアで購入できます。
  • アレグラは鼻疾患の他、蕁麻疹などの皮膚に対してのアレルギー症状も緩和しますが、アレグラFXは主に鼻水、鼻水・鼻詰まりといった、鼻症状に対してのみ効果が期待できます。
  • アレグラは「アレグラシロップ」など小児向けが処方でありますが、アレグラFXは対象年齢が15歳以上と、子供は飲むことができません。

花粉症の薬の定番「アレグラ」について

2017.09.24
(アレジオン)

アレグラFXとは?

処方薬のアレグラと同じ、第二世代の抗ヒスタミン薬。
アレルギー症状を、体内で発生するヒスタミンをブロックし、アレルギー症状を緩和させていくもので、アレルギーの原因そのものを治していくものではありません。

花粉症のメカニズム

2017.05.26

特徴

「眠くなりにくい」「集中力の低下を起こしにくい」「喉が乾きにくい」「空腹時の服用でも胃が痛くならない」といった、第一世代で問題だった副作用が起こりにくいのが特徴。

アレジオン20・アレジオン10と違い1日2回の服用で24時間効果が持続する薬なため、アレジオンと比べられることが多いのですが、比較的症状が軽く、とくに鼻症状で済んでいる場合はアレグラFXでも充分でしょう

鼻だけ

服用回数

1日2回1回1錠。

1日1回の物と比べ、飲み忘れる場合があるため、常に1錠はカバンの中などにいれておき、予備薬として持っておくと安心です。

効果の範囲

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった、アレルギー専用の鼻炎によく効きます。
病院で徐放されるアレグラと異なり、効能範囲のポイントが鼻症状」のみとなっているため、注意が必要です。

副作用

滅多にないのですが、蕁麻疹や発疹・めまいや倦怠感・排尿困難や眠気などがある可能性があります。
これは、処方薬のアレグラでも同じようなものなので、こうした症状を覚えたら服用を中断し、医師に相談するとよいでしょう。

【重い副作用】

滅多にない副作用ですが、アナフィラキシーショックや肝機能障害、白血球減少とった重篤な副作用が起こる可能性があります。

この場合も、直ちに服用をやめて病院へ行くか、長期にわたる服用をする場合は医療機関で、血液検査を定期的に行い、肝臓の数値を確認するとよいでしょう。

子供には

アレグラFXは15歳以上の服用のみとなっています。
稀に、「大人用の薬を半分に割れば大丈夫」と安易に子供に与えてしまう保護者がいますが、危険ですのでやめましょう。

NG

処方薬の中には子供でも大丈夫なシロップタイプのも物もありますので、子供のアレルギーに対しては、アレグラFXは飲ませないようにしましょう。

妊婦・授乳中には

アレグラFXの説明書には「授乳中はアレグラFXの服用を避けるか、服用したら授乳しないようにしましょう」とあります。
これは、動物実験で母乳への移行が確認されたためです。

また、妊娠中は事前に医師に相談するようにとも、注意喚起されていますので、妊娠中、若しくは妊娠の可能性のある方は、事前に医師に相談するようにしましょう。

その他の注意点

アレグラFXに限ったことではないのですが、服用前後に飲酒は避けるようにしましょう。
アルコールと一緒に薬を服用してしまうと、薬の作用を強めてしまったり、「ぼーっとする」「眠くなる」といった副作用が出やすくなってしまいます。

アルコール禁止

服用期間はアルコールをなるべく避けるか、どうしても飲み会などで飲む必要がある場合は、服用時間とアルコール飲酒時間を1~2時間はずらすようにしましょう。

価格

アレグラFXは1錠67.4円となり、1シーズン(2ヶ月)では約7788円になります。

(1錠)67.4円×(1日2錠)2×(2ヶ月)60日=7788円

ただし、処方薬と違って各ドラッグストアのセールなどで安く買える場合もあります。

入手方法

ドラッグストアで購入可能。

病院の処方でしか入手できないアレグラのほうが、健康保険で3割負担となるため安くなりますが、「病院が遠い」「病院へ行く時間が取れない」といった場合は、こうしたドラッグストアで購入した方が速く、安く済む可能性もあります。

筆者の服用体験談

アレルギーの薬に関しては、私自身は病院の処方薬しか飲んだことがありませんが、身内が飲んだ話を聞くと、アレグラとあまり変わりはないようです。

鼻症状だけに効くとのことで、効果が強く出ない分、副作用もすくないため、お守り的に一家に一つ用意していてもよいかと思います。

アレグラFXロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。