花粉症の薬「ロートアルガード鼻炎内服薬ZII」について

ロートアルガードロゴ
花粉じゃばらサプリ

目薬だけじゃない!花粉症によく効く市販薬「ロートアルガード鼻炎内服薬ZII」のまとめ

ロート製薬から販売された「ロートアルガード鼻炎内服薬ZII」は、抗アレルギー作用と抗ヒスタミン作用を持った、第二世代の抗ヒスタミン薬。

予防としてはもちろん、既に発症してしまった花粉症症状にもよく効き、鼻水・くしゃみ・鼻詰まりといった、鼻症状にとてもよく効く市販薬です。

[amazonjs asin=”B00HIU3ZT8″ locale=”JP” title=”【指定第2類医薬品】ロートアルガード鼻炎内服薬ZII 20カプセル ※セルフメディケーション税制対象商品”]

市販薬のよいところ

市販薬は処方薬と違い、「すぐに手に入る」というところが利点。
月曜~金曜まで会社に行って仕事をする必要がある生活をしていると、どうしても土曜の午前中くらいしか病院へ行くタイミングが取れません。
ましてや、発熱などの症状が現れているわけではない場合、休みは取りにくいもの。

その点、市販薬はドラッグストアで買うことができるので、仕事のお昼休みや帰りなどに寄って買うことができます。

ただし、様々な種類の花粉症の薬が売られているため、自分に合った条件の物を見つけるためにもぜひ「薬剤師」に相談してから購入するようにしてみましょう。

薬剤師のイラスト

ロートアルガード鼻炎内服薬ZIIとは?

第二世代の抗ヒスタミン薬「メキタジン」を配合し、さらに、2種類の血管収縮剤「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」と「塩酸プソイドエフェドリン」を配合しているため、鼻粘膜の充血を解消し、鼻詰まりを速やかに改善する作用があります。

「抗ヒスタミン作用」と「抗アレルギー作用」両方を兼ね揃えている上に、眠くなりにくいため、鼻水・鼻詰まり・くしゃみに悩まされている方にとってとてもおすすめのお薬です。

成分

  • メキタジン(抗ヒスタミン成分)
  • 塩酸プソイドエフェドリン(血管収縮剤)
  • dl-メチルエフェドリン塩酸塩(血管収縮剤)
  • ベラドンナ総アルカロイド(抗コリン成分)
  • グリチルリチン酸二カリウム(抗炎症作用)
  • 無水カフェイン(眠気をとる作用)

【以下添加物】

  • ポリソルベート80
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • サラシミツロウ
  • 中鎖脂肪酸トリグリセリド
  • ゼラチン
  • 濃グリセリン
  • 酸化チタン

特徴

鼻水・くしゃみ・鼻詰まりによく効く作用をもち、さらに抗ヒスタミン薬に「メキタジン」を使用しているため、眠気に襲われる事も少ない、優れた市販薬です。

抗ヒスタミンと血管収縮剤のW成分があるため、鼻症状に直接作用する他、血管収縮剤が入っているため、目の充血やかゆみにも効果的です。

服用回数

1日3回(食後)/1回1カプセル。

処方薬は1日2回や1日1回なものが多いため、少し手間がかかりますが、病院へ行く手間と天秤にかけて考えてみるとよいでしょう。

1日3回

効果の範囲

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった、鼻症状のほか、目の充血・涙目といった目の症状、そして喉の痛みにも効果的です。

副作用

多くはありませんが、「目のかすみ」「眠気」「集中力の低下」とった症状が現れる場合があります。

これはどの抗ヒスタミン薬にも言えることですが、服用後は高所での作業や運転はしないように心がけましょう。

【重い副作用】

滅多にありませんが、アナフィラキシーショック・肝機能障害・偽アルドステロン症が起こる場合があります。
また、頭痛・めまい・排尿困難・湿疹がでる可能性もあります。
こうした症状が現れた場合はすぐに服用をやめ、医療機関へ相談しましょう。

【偽アルドステロン症】

ロートアルガード鼻炎内服薬ZIIの場合「グリチルリチン酸二カリウム」由来。
グリチルリチン酸二カリウムは甘草から抽出された成分で、多くの薬や甘味料に入っているものだが、それには抗炎症作用がある。
ただし、多く摂取しすぎた場合(1日40mg以上)偽アルドステロン症が起こる可能性がある。

偽アルドステロン症が発生した場合、高ナトリウム血症や低カリウム血症といった、症状が表れる。

子供には

15歳未満の小児には服用できません

医療機関へ行き、小児でも大丈夫な花粉症のお薬を処方してもらいましょう。

妊婦・授乳中には

妊娠・妊娠していると思われる方も、また、授乳中の女性もロートアルガード鼻炎内服薬ZIIは服用できません。
どうしても花粉症症状が辛い場合は、医療機関へ相談しましょう。

NG

その他の注意点

市販のお薬は「使用できない人」がいます。
ロートアルガード鼻炎内服薬ZIIの場合、以下の人は服用を避けた方がよいとされています。

  • 前立腺肥大による、排尿困難
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 甲状腺機能障害
  • 糖尿病

また、以下の薬を飲んでいる人はロートアルガード鼻炎内服薬ZIIを飲まないようにしましょう。

  • 風邪薬
  • 乗り物酔い用の酔い止め
  • アレルギーの薬
  • 胃腸鎮痛薬
  • 咳止め
  • 去痰薬

少々決まりはありますが、処方薬も飲み合わせがダメなものなどもありますので、指示に従い飲むようにしましょう。

価格

1箱10カプセル入り=1,280円

1箱20カプセル入り=1,980円

※各ドラッグストアのセールや割引によって価格は変わります※

入手方法

ドラッグストアにて購入しましょう。

※Amazonでも購入できます。
[amazonjs asin=”B00HIU3ZT8″ locale=”JP” title=”【指定第2類医薬品】ロートアルガード鼻炎内服薬ZII 20カプセル ※セルフメディケーション税制対象商品”]

口コミ

  • 眠くなりにくい!!
  • 即効性がある
  • 急に鼻炎症状が出て、病院へ行けないときに便利!!
  • 目の充血までとれた
  • 私は眠くなってしまったけど、この系の薬の場合はしかたないかなと
  • 身体に優しい気がします
ロートアルガードロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。