花粉症の薬1日1錠の「アレジオン」について

アレジオンロゴ
花粉じゃばらサプリ

1日1錠で効く花粉症の薬「アレジオン」の成分~おすすめのアレルギータイプまで!!

病院処方の花粉症の薬と言えば「アレグラ」か「アレジオン」と言われるほど、定番のお薬。

花粉症の薬の定番「アレグラ」について

2017.09.24

どちらも「合う」「合わない」があるため、自分に一番合う薬を探す際、一番始めに飲んでいくことの多い、アレルギー用のお薬です。

 

アレグラとアレジオンの違い

アレグラとアレジオン、似たような名前ですが、こうした違いがあります。

  • アレグラは「アレグラFX」として大人向けの市販薬が売られていますが、アレジオンは「アレジオン20」「アレジオン10」と、成分用量の違うものが売られています。
  • アレグラの方が安い。
  • アレグラは1日2回服用なのに対し、アレジオンは1日1回で大丈夫。
  • アレグラよりもアレジオンの方が効き目が強く、長い。

アレジオンとは?

一般名・ジェネリック名「エピナスチン塩酸塩

市販薬名「アレジオン錠10」「アレジオン錠20

アレジオンとは「アレルギーを抑える」薬です。
アレグラ同様、体内で発生した「ヒスタミン」を身体が受容するのをブロックし、その働きを抑えてアレルギー症状を抑えていきます。
もちろん、アレルギーの原因そのものは治せませんが、ブラス効果として、アレルギーに関係する「化学伝達物質」の遊離を抑制し、より強い効果を発揮してくれるようになりました。

花粉症のメカニズム

2017.05.26
表アレジオン

特徴

アレグラと並ぶ、第二世代の抗ヒスタミン薬。
非常に水に溶けやすく、分子量も小さいため、脳に移行しにくく「眠気」や「ぼーっとする」といった副作用が起こりにくくなっています。

また、効き目が長く続くので1日1回だけの服用で24時間持つため、飲み忘れなどの心配の可能性も減り、とても使い勝手のよい薬となっています。

服用回数

1日1回で24時間持続する花粉症の薬です。

24時間

アレグラよりかは「やや」副作用が強く出るケースが多い為、薬に敏感な方や、昼間運転や高所での作業をする仕事の方、受験生などは、「夜寝る前」に1錠飲むと、翌日眠気も感じることなく、快適に過ごせるでしょう。

効果の範囲

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった鼻症状の他に、蕁麻疹などの皮膚に対するアレルギー反応の抑制や、気管支喘息の予防にも効果的です。

ただし、気管支喘息の場合既に起こってしまった喘息を鎮める効果は期待できないため、予め飲むか、すでに発作が起こってしまった場合はステロイドなどで喘息を鎮めることをおすすめします。

副作用

副作用は少ない方で、「眠くなる」「ぼーっとする」「喉が乾く」といった症状が起こるか、起こらないかというところです。
ただし、アレグラよりかは、効き目が強い分こうした副作用が起こる確率が高いため、アレジオンはできれば夜、寝る前に飲むとよいでしょう。

【重い副作用】

長期服用による肝臓の負担が、滅多にありませんが、懸念されていることもあります。
1シーズン(2~3ヶ月)以上服用を続ける場合は、念のため、定期的に血液検査をし、肝臓の数値を確認したほうがよいでしょう。

血液検査

子供には

市販のアレジオン20・アレジオン10は「15歳以上」に服用可能と明記されています。
「半分に割れば良い」など安直な考えでお子様に与えないようにしましょう。

アレジオンは「アレジオンシドライロップ1%」という、子供向けのアレジオンが処方されています。
お子様の花粉症症状が酷い場合は、こうした処方薬を病院で処方してもらうようにしましょう。

妊婦・授乳中には

アレジオンのガイドラインには、「治療上の有益性が危険性を上回る場合のみ」とされています。
妊娠初期などはとくに飲まないように注意し、辛い場合はまずかかりつけの医師に相談しましょう。

価格

  • アレジオン(処方薬):1錠:135円:ワンシーズン(2ヶ月)3150円
  • アレジオン20(市販薬):1錠178円:ワンシーズン(2ヶ月)10680円
  • アレジオン10(市販薬):1錠219円:ワンシーズン(2ヶ月)13140円

アレグラよりも若干高い価格となりましたが、処方薬の場合3割負担となるため、診察料や調薬費がかかっても処方薬の方が安いことがわかります。

もちろん、交通費や仕事を休む時間等を鑑みると市販薬の方がよい場合もあるかもしれません。

アレジオン:(1錠)135円×(1日1錠)1×(2ヶ月)60日+2400(2回分の診察代)=10188の3割負担は「3150円」
アレジオン20:(1錠)178×(1日1錠)1×(2ヶ月)60日=10680円
アレジオン10:(1錠)219×(1日1錠)1×(2ヶ月)60日=13140円

入手方法

アレジオン処方薬は耳鼻科・アレルギー科・内科などで処方してもらいましょう。

アレジオン10・アレジオン20に関しては、市販で買えますので、最寄りのドラックストアなどで購入することができます。

 

アレジオン処方薬とアレジオン市販薬の違い

【価格の違い】

処方薬の場合3割負担と言うこともありますが、アレジオン10とアレジオン20では1錠で41円ほど、アレジオン10の方が安く買えます。

【有効成分の違い】

アレジオン20と処方薬のアレジオンはどちらも、有効成分であるエピナスチン塩酸塩が1錠中20mg入っています。
アレジオン10の場合エピナスチン塩酸塩が1錠中10mgしか入っていないため、効果が薄くなってしまうのですが、その分副作用の心配なども少なくなりますので、あまり強い薬を求めていない場合はアレジオン10でも十分でしょう。

違い

筆者の服用体験談

アレグラと違い長い時間効果があるので、メインはアレジオンを服用しています。
アレグラは念のためにと医師から渡されており、シーズンオフの日になのに風向きや気温で花粉症症状が出てしまった日に、取り急ぎ飲むことにしています。

こうした使い分けができるのも、色々な種類の抗ヒスタミン薬があるお陰ですね。

(あくまで個人の感想です)

※こちらはアレジオン※

アレジオン薬

※こちらはジェネリックのエピナスチン※

エピナスチン薬
アレジオンロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。