市販薬で効果的な花粉症の薬「ストナリニZ」について

ストナリニロゴ
花粉じゃばらサプリ

花粉症の処方薬「ジルテック」と同等の効果を持つ市販薬「ストナリニZ」とは!?

ストナリニZとは?

佐藤製薬から販売されている「ストナリニZ」はセチリジン塩酸塩を配合した、ジルテックと同じ効果・成分分量の市販薬。

1日1回1錠で、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった鼻症状に良く効く、強めのお薬です。

また、コンタック鼻炎Zとも同じ成分・同じ効果であることが特徴です

ジルテックとストナリニZとの違いは?

ザイザルと比較されがちな花粉症の薬「ジルテック」のまとめ

2017.09.27
  • 市販で売られているか、病院で処方されるか
  • ストナリニZは鼻症状のみに有効。ジルテックは一応蕁麻疹や目のかゆみ等にも効くと言われています。

どちらを選ぶかは、「病院に行く時間があるか」「急な状況で今すぐ花粉症症状を緩和させたいと思うか」など、その状況次第というところでしょう。

コンタック鼻炎ZとストナリニZの違いは?

市販の薬なのに1日1回で効く!花粉症の薬「コンタック鼻炎Z」について

2017.09.26
  • 販売会社がコンタック鼻炎Zは「グラクソスミスクライン」、ストナリニZは「佐藤製薬」
  • 価格が違う場合がある(セールや特売などで)

どちらもジルテックのスイッチOTCであり、効果や成分が同じなため、副作用もほぼ同じと言えるでしょう。
ほとんど違いがないため、どちらが良いかは、その時の店頭で決めると良いかもしれません。

【スイッチOTC】
処方薬として販売されていた薬が認可され、市販で売られることとなった薬のこと。
H2ブロッカーや風邪薬、解熱剤など多くのものがスイッチOTCとして売られています。

ドラッグストア

成分

セチリジン塩酸塩(ジルテックと同じ成分の抗ヒスタミン成分)

【以下添加物】

  • 乳糖
  • セルロース
  • 無水ケイ酸
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)
  • 酸化チタン
  • マクロゴール

添加物に関してもコンタック鼻炎Zと同じなため、副作用・効果なども同じと言えるでしょう。

特徴

セチリジン塩酸塩を配合した1日1錠で効果のある第二世代の抗ヒスタミン薬。

抗アレルギー作用で肥満細胞がヒスタミンを放出させることをブロックし、抗ヒスタミン作用が既に出てしまったヒスタミンを身体が受け取るのを阻止します。
そのため、既に出てしまっている花粉症症状の即時緩和が可能となっています。

また、抗炎症作用が好酸球の活性化や、遊走を阻止するので、症状が徐々に悪化していく事も防ぐことができるのです。

服用回数

1日1回1錠で24時間の効果があります。

24時間

眠くなる可能性があるため、寝る前の服用がおすすめですが、翌朝になっても眠気が続く可能性もあります。
危険な作業や受験、運転が控えている場合は避けるようにしましょう。

効果の範囲

くしゃみ・鼻水・鼻詰まりといった鼻症状に良く効きます。
ただし、ジルテックと違い、目のかゆみや蕁麻疹といった、アレルギー性の皮膚疾患やかゆみに関してはあまりきたいができません。

鼻だけ

そうした症状に悩まされている場合は、他のお薬の服用をおすすめします。

副作用

コンタック鼻炎Z同様、口の渇きや眠気といった副作用が見られます。

もちろん人によっては副作用を感じられない場合もありますので、まずは翌日に何もない日などに試してみるのも良いでしょう。

【重い副作用】

滅多に起こりませんが、まれに重篤な症状が起こる可能性があります。
その場合は、すぐに服用をやめて医療機関に受診してください。

  • アナフィラキシーショック(蕁麻疹・息苦しさ・喉のかゆみ等のアレルギーショック症状)
  • 肝機能障害(かゆみ・発熱・黄疸・褐色尿・倦怠感等)
  • 血小板減少(鼻血・歯茎からの出血・増え続ける青あざなど)

子供には

15歳未満のお子様には服用できません。

NG

お子様が花粉症症状に悩まされている場合は、医療機関で子供でも服用できる花粉症の薬を処方してもらいましょう。

【子供向けの処方薬】

第二世代の中では強めの薬。花粉症の薬「アレロック」のまとめ

2017.09.29

花粉症の薬の定番「アレグラ」について

2017.09.24

妊婦・授乳中には

妊娠中、もしくは妊娠している可能性のある女性には服用は勧められていません。
どうしてもという場合は、医師・薬剤師に相談してください。

また、授乳中の服用は避けた方が良いとされています。

その他の注意点

市販のお薬は「使用をすすめられない人」がいます。
ストナリニZの場合、以下の人は服用を避けた方がよいとされています。

  • 腎臓病の持病を持っている人。
  • ピペラジン誘導体(レボセチリジン・ヒドロキシジン)を含む薬でアレルギーを発症した人。

また、以下の薬を飲んでいる人はロートアルガード鼻炎内服薬ZIIを飲まないようにしましょう。

  • 風邪薬
  • 他のアレルギー薬
  • 乗り物の酔い止め薬
  • 鎮咳去痰薬

また、どの薬にも言えることですが、お薬の服用前後は飲酒を避けるようにしましょう。

価格

1箱10錠入り=1,619円(税抜き)

1箱14錠入り=1,886円(税抜き)

コンタックと値段はほとんど変わりませんが、コンタック鼻炎Zの10錠パックは1箱1600円ですので、ストナリニZの10錠パックの方が19円だけ安いことになります。

※各ドラッグストアのセールや割引によって価格は変わります※

小銭

入手方法

ドラッグストアで購入可能です。

口コミ

  • たまたまコンタック鼻炎Zよりも安くなってたので買いました。同じくらいの効き目でした。
  • 眠気は少ないのに、鼻水がしっかりと止まりました!!
  • 思ったよりも効き目が弱かった気が……。でも眠くもならないので良かったです。
ストナリニロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。