ストレスで悪化する!? 花粉症とメンタルの関係性

ストレス
花粉じゃばらサプリ

ストレスで悪化する花粉症を緩和させていく方法を知ろう

花粉症は鼻水やくしゃみ、涙などといった「体の表面に出る症状」というイメージがあるため、メンタル的な部分には関係ないと思われる人も多くいます。

しかし、花粉症は元々免疫バランスの乱れから発生してしまう疾患なため、免疫力が精神的ストレスによって左右される物である以上、メンタルによって悪化や緩和があってもおかしくはありません。

もちろん、心身医学の分野では精神的ストレスがアレルギーの発症や悪化に影響するということは広く認められているもので、ポラシーボの薬でも症状が緩和される患者もいたという研究結果からでもわかります。

このようにストレスと花粉症の関係は切っても切れないものであるため、ストレスに対処するだけでも花粉症症状が緩和できる可能性もあるのです。

なんでストレスを感じると症状が悪化するのか?

天秤

ストレスという物には2つの種類があります。

1つは良いストレス。

新しいことに取り組んだり、遠足や遊園地に出かけるときにワクワクしたりドキドキしますよね?
実は、こういったこともストレスなのです。

人の体は変化を嫌い、「日常と異なること」に対して過敏に反応するようにできているのですが、「楽しい」と感じることによって、これはストレスではなくなり、「リフレッシュ」「爽快」といった感情になって、体に良い影響をもたらすようになるのです。

そして、もう1つは悪いストレス。

いじめや終わらない仕事に振り回されたり、上司に理不尽に怒られたりしたときに感じるストレスは、いつまでも体に蓄積され、あるとき爆発してしまったり、眠れなくなったり、お腹が痛くなったりと、体にとってマイナスの影響をもたらします。

この悪い方のストレスは、感じ続けると免疫力を下げ、イライラすることで体が臨戦態勢になり、過敏な状態になってしまいます。

過敏な状態になってしまうと、いつもならなんでもない花粉量でも鼻水が出たり、かゆみが出たりするのはわかりますよね?

そして他にも、ストレスによって下痢をして腸内環境が悪化してしまったり、睡眠不足で体力が落ちてしまう、つまりは免疫力が大きく下がったり、バランスが崩れてしまうため、ストレスによって、花粉症症状が悪化すると言えるのです。

ストレスを取り払う事で花粉症が治った例

  • 20年間花粉症で悩んでいたTさんは、ストレスの限界を感じ、心療内科でカウンセラーを紹介してもらったところ、トラウマの解消と共に、花粉症症状が段々と改善されていった。
  • たまたま、肩こり解消で鍼へ通っていたら、いつの間にか花粉症が発症しなくなった。
  • 引きこもっていたCさんは、社会復帰に向けてウォーキングからランニングへと運動するようになったら、外に出ることが増えたにも関わらず、春先の症状が起こらなくなった。
  • サービス残業で悩まされていたOさんは、転職と同時に鼻水・鼻づまりが出なくなった。

このように、悪い精神状態から脱出できたと同時に、症状が緩和したり、極端な場合症状自体起こらなくなったというケースもあります。

逃げる

転職や転校、またワンオペ育児などで悩んでいる場合などは、早期解決というのは難しいのですが、人間は少しの希望でも大きく精神状態が良くなったりすることがあります。

「もう逃げられない」ということは、この日本ではなかなか起こることではありません。
辛いときは対処をしていきましょう。

ストレスと花粉症を緩和させる方法

【マッサージ】

おすすめなのがマッサージ。

ストレスを感じると人の体は硬くこわばるため、リラックスをするためにもマッサージや整体に定期的に通うことをおすすめします。

もし人に触られるのが苦手な場合は、自分が好きなオイルを購入して、自分で足などをマッサージするのも良いでしょう。

【私の花粉症対策】カイロプラクティック院長の話

2018.01.29

【ダブル効果のあるツボを押す】

ストレスと花粉症におすすめの「ツボ」を押すことで、ダブルで症状を緩和刺せることが出来ます。

①足の裏のツボを押す。
かかとの上の土踏まずの下の内側にあるツボ。

ツボ

②「中脘(ちゅうかん)」
みぞおちとへそとの間に位置するツボ。

ツボ

③「足三里」
万能のツボと呼ばれるツボで、膝下の外側、すねから指2本分くらい下の所のツボ。

ツボ

これらのツボを①と②、②と③、③と①といったように、ダブルでゆっくり押していきましょう。

テレビを見ながらなどでも大丈夫なので、血行が良くなったと感じるくらいまで優しく押していくとよいでしょう。

【運動(特に筋トレ)】

運動はストレス解消の王さま。

運動嫌いの場合は、ウォーキングから始めても大丈夫。

特にストレスと花粉症に効果的なのは、筋トレ。

1日10分、週3回くらいの筋トレが最もストレスと血行促進に効果的だと言われています。

わざわざジムへ行かずとも、壁に腕をつけて腕立て伏せをしたり、椅子に座ったまま足を上げるような運動で大丈夫。

 

ストレス解消のためにやけ酒を飲んだり、夜遊びをしたりするのは逆効果。

花粉症とストレス両方に効果的な方法でストレスを解消し、メンタル面から来る花粉症症状を緩和刺せていきましょう。

ストレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライター/印刷会社を得てフリーで活動するライター。自らのアレルギー・花粉症の経験を元に、多くの花粉症予防・対策について記事をしたためている。 健康オタクで、漢方・整体・鍼に詳しい他、毎日のエクササイズも欠かさない。